SushiLog

Wondering, wandering, and making sense of the world.

Flower

Archive for July, 2014

If Super Mario was created today

If Super Mario was created today

 

Share

海外で見つけた変な日本食レストラン

旅行好きで海外生活21年4カ国、世界中でいろいろな日本食レストランを経験してきた。一応日本人、ぎりぎり日本人、でもやっぱり日本人なので日本とはちょっと違う点、変なところ、よく気づく。

 

内装が日本のレストラン以上に日本らしい:これは特にアメリカでよく見かける。鎧や刀が飾ってあったり暖簾やちょうちんが店内に飾られたり、外人にとってはエキゾチックなのかもしれないが日本人にとっては違和感大。

American-Izakayaシリコンバレーでよく行った居酒屋さん


マイポットの鍋屋:
アメリカにはひとつの大皿や鍋からみんなで食べる習慣がない。そしてそれ以上に衛生面の視点上懸念されるので和風の鍋屋さんに行くと料理がマイポットで出てくる(一席一席の前にガスコンロ)。そんな店で昔すき焼きを注文したら生卵なし。頼むと「本当にいいのか」って聞かれてしっかり余分取られた。

My-Pot


名前がなんか変だよ:
「SAMURAI」「ICHIBAN」「FUJI」などはよく見かけるがこのごろ日本の都市名を使ったレストランを良く見かけます。特に「KYOTO」という寿司屋さんは多い(京都市って海に面してないから寿司文化薄いのに)。ほかに「OSAKA」、「SHINJUKU」、「HOKKAIDO」なども観た。正直あんまりおいしそうには思えない。

Kyoto-Sushi


エビフライならず寿司フライ:
中南米でよく見かけます、巻き寿司が丸々フライされる光景…まあ物流がよくなかったり生物が心配ってのは分かるがカロリーが…

Fried-Sushi


日本人も現地人もやっていない日本食レストラン:
海外で日本人が立ち上げた日本食レストランは分かる。現地人が日本食レストランを立ち上げるのも納得する(日本人が日本でフランス料理店をするみたいな感じ)。しかしなぜ日本人でも現地の人間でもない人が日本食レストランを?パリ在住のときよく見かけた、中国人か韓国人が経営している日本食レストラン。韓国料理以上にブランド力があり中国料理以上に高級感(利益率)があるからだとは思うが味は絶対といっていいほど変。最近は初めて入る店には「こんばんわー」と挨拶して、もし返事がなかったり店員さんの目が点になるとすぐに店を出ます。


何でも載せます:
アメリカでよく行った日本人経営のちっちゃなお寿司屋さん、客が発案したお寿司何でも作ってくて、それを客が「うまい」って言ったら名前を付けてメニューに載せます。もちろんアメリカなのでクリームチーズやアボガド、何でもあり。

Sushi-Menuこれはメインメニュー、他の創作物は店内いっぱいに貼られてる


そこまでするか…ネタ五つで品数数十個:
イスラエルで興味本位で入った寿司屋、魚が手に入らないからだとと思うが、ネタ五つぐらいですごいバリエーションのお寿司を作っていた。同じ魚でもサンドイッチ型(もちろんご飯で)、ボール型、軍艦巻き、手巻き、細まきにしたり、いろいろな魚を混ぜ合わしたり、ソース使ったり、もう無茶苦茶。でも意外にお寿司と考えないで食べると悪くなかった。ちなみに店員さんはほとんどタイ人でした(経営者は分かりませんが)。営業努力にちょっと感動。

Sushi-Sandwich-Israel寿司サンドイッチ…


名前がなんか変だよパートII:
海外だとなんでも名前にSUSHIと付ければ日本食レストランになります。これは数年前、面白い名前見つけたら写真取り始めました。全部書いたらきりがないので数例:「スシゴブリン」「ハロースシ」「スシマニア」「スシヤキ」「スシランド」「スシパラダイス」

Hello-Sushiパリ


インスタントラーメンも一応日本食:
ラトビアの日本食レストランに入ったらあまりにも高かったので一番安いラーメンを注文、見事即席ラーメンに野菜乗っけた物が出てきた。しかも日本じゃ普通乗せないキャベツや人参。これがなんで25分もかかるの…


味噌汁が前菜:
これはよく見かける。西欧文化ではスープは前菜なので味噌汁も同じ感覚で一番最初に出てくる。自身は注文するときにご飯と一緒にってお願いしますが店員さんが日本人じゃなければ不思議に思われる。


酒ボム:
これは日本食レストランには限られませんがお酒の飲み方。ビール半分のパイントグラスにお箸二本乗せてその上にショットグラス一杯のお酒を乗せ、全員用意できたらみんな一気にテーブルをたたいて、ショットグラスがビールの中に落ち次第一気飲み。まわりは「サーケーボム」叫びながら…

Sake-Bomb
番外編

居酒屋はコース料理じゃないって:外人の友達と日本風居酒屋に行くと食べ物すぐなくなる。飲みながらちょびちょび食べる文化がないので食べ物でたらすぐに食いつく…こういう時はだいたい割り勘負けします。

 

しかし昔と比べると海外の日本食レストランのレベルはあがりました。一昔までは日本食=寿司だったのですが今になると、ラーメン屋、焼肉店、居酒屋など結構見かけます。三年前まで滞在していた食の都パリではお好み焼き、小鉢料理、うどん、和風パン、和風中華(!!!)の専門店が勇ましくがんばっています。

やっぱり日本人としては日本のいい食文化をどんどん世界に発信して欲しいです。

Share

Airport, a place where you do things you’ve been meaning to do, like setting up a cloud backup system

Airport

In modern life, besides being on the flight itself, the airport may be the single place where one has the largest chunk of waiting time on a (semi-)regular basis (depending on how often you fly). Besides the DMV (and equivalent government offices), rarely do you have 30-60 minutes of waiting.

Airports of course try to capitalize on this by turning the terminal into a shopping mall full of overpriced goods and souvenirs, but could it go further?

Many people have a large todo lists on which many items go un-ticked for a long time. Most of these are probably not possible in the airport, but how about setting up an online backup service?

I recently had my laptop stolen in Belgium and a friend of mine had her laptop stolen in Australia. Luckily for me, I had both a time machine backup at home in Germany and an cloud backup service set up so data loss was minimal. Unfortunately for my friend, she lost some data with her laptop that will most likely never resurface.

Back up is important, not just from theft but from hard drive failures and accidental coffee spills. I believe awareness is rising and tools are becoming easier to use, but I still have many friends who don’t backup their data.

Back to the airport.

What if online backup services had booths in airports to help people set up their backups? Many people travel with their laptop these days, people who use airports frequently are often business travelers and higher value individuals, and there is very little space requirement, just a standing booth with wireless or wired internet access and a person to help set up the installation. Payment can be done on the spot without the usual clumsy online transaction.

I see the target as professionals who’ve been meaning to set up an online backup system but haven’t had the time to do so. One challenge I imagine, however, is that these people may not be traveling with their own laptops but instead their company laptops and maybe a personal iPad. At that point, there isn’t much that can be done.

So, Backblaze (my favorite), Mozy, Carbonite, what do you think?

(I will pre-swallow the shame pill if this is already happening and I just don’t know about it)

Share

You are currently browsing the SushiLog blog archives for July, 2014.